BLOG

僕がプロテインを買わなくなった理由 NMNって万能

2021/07/16
ロゴ

~書きはじめ~

はじめまして。salutemのオーナー鳥飼です。

今日から様々な情報を発信してお伝えしていけたらいいなと思うのですが、

まずはなぜsalutemを立ち上げることになったのかを

自己紹介や商品紹介含め書き綴っていけたらと思います。

 

まずは自己紹介になります。

私の名前は鳥飼 祥秋(とりかい ひろあき)。

33歳で、福岡で本業の健康スポーツ系の会社を経営しています。

salutemも、その株式会社Total Care Laboratoryが責任をもって運営をさせていただきますね。

 

さて、私は幼少期のころはどうも体が弱かったそうです。

アレルギーもありましたし、皮膚も喘息もあったようですね。

お医者様に相談した母が言われたことが「水泳」を習わせることだったそうです。

お医者様の勧めを受けて、僕は兄の既に通っていたスイミングクラブに入会します。

結果論ですが、体は少しは強くなったと思います。

お医者様の助言のおかげですね。

しかし、中途半端を嫌ったのでしょうか。

結局私はその後、小学校2年生で選手コースに這い上がり

強豪高校、大学では競泳のバイオメカニクスを専攻し

社会人でも強豪スイミングクラブに入社。

その後転々としましたが、会社を立ち上げた今でもプール指導を重ねています。

いやー、恐ろしい。33歳になる私がほぼ人生のすべての期間水泳を中心に生きていますね。(笑)

 

そんな愚直ともいえる私の性格は、1つの強いこだわりのようなものがあります。

それは、「すべてを疑え」ということです。

何でもやってみなきゃ分からない、見なきゃ分からないことだらけですよね。

ニュースや情報番組も参考程度にしか見ませんし、気になったら現地に飛んでこの目で見て理解をしないと「本当に何があってるのか」を信じきれないんです。

 

そんな私の職業は健康スポーツです。

多くの方に、体の中に入れるサプリメントや栄養を指導することがあります。

サプリメントや薬はエビデンス(科学的根拠)を必ず持っています。

科学的根拠をもとに作ってあるのは当然ですし、そのための実験をしましたっていう論文が存在しているのも安心に思うところだと思います。

しかし、論文にまつわる研究結果に対しては私は少し懐疑的なところがあります。

論文のために行う研究の被験者側をやったりしていたものですから、裏側を知っています。

メーカーは安全性や効果を論文にしてもらうために大学に実験を依頼します。

大学も、メーカーの求める結果を出すために試験方法や論文の見せ方を検討して、最適なやり方で試験、論文作成を行います。

「消費者にとっての効果性の高さ」を証明するわけですね。

しかし、実際に消費者が使ってみてもメーカーが謳う広告宣伝には

「○○kg飲むだけで痩せる!」「○○大学で立証試験済み!データはこちら」

とか書いてあるわけです。

気を付けてください。メーカーは情報を許される範囲内ギリギリに盛ります。

※個人差があります。

って書いてありますもんね。(笑)

 

世の中の情報なんて、結局